オリジナルハンカチをとても便利なもの!オリジナルハンカチの豆知識を紹介

こちらのサイトは、とても便利に使うことができる魅力があるオリジナルハンカチの豆知識をご紹介しています。
一般的な市販品も魅力的なものが多くあるけれども、利用用途がある程度限られているのでこんなことに使いたいなどのときにサイズが小さくて使えなかったり、正方形が一般的なので長方形のもので使いたいときには利用できないこともあります。
その点、サイト内で紹介しているアイテムの場合は高級感がありますし幅広いサイズに対応しているなどの魅力もあるアイテムです。

オリジナルハンカチをとても便利なもの!オリジナルハンカチの豆知識を紹介

プレゼントでハンカチを贈る人は多いけれども、相手の好みをある程度把握しておかないと使って貰えないのではないか、このように考える人も多いことでしょう。
色や柄などは好みがあるので、それを確認した上でハンカチを選ぶのがおすすめですが、オリジナルハンカチの豆知識を得ていると普通のものよりも重宝するプレゼントになるなど一般的なものではなく何かこだわったものを贈りたいときなオリジナルハンカチが役立つ存在になってくれます。

オリジナルハンカチはハンドタオルとしても使える

オリジナルハンカチは自分の好きな柄や絵などをプリントする形で、購入することができるので市販されている商品とは違った形で購入することが可能です。
基本的にオーダーメイドのような形になりますから、注文をしたオリジナルハンカチは自分しか持っていない状態になると考えられます。
サイズを自由に調節して購入していくことができますから、普通にハンカチとして利用するだけでなく、ハンドタオルにして活用することも可能です。
ハンドタオルであれば運動をするときや、料理などをするときにも活用することができるので便利だと考えられます。
実際にインターネットで検索することで、注文することができる場所を簡単に見つけることが可能です。
注文する場所によって商品の内容や料金などにも違いがありますから、各自で色々と調べてから購入するのが大切なポイントになってきます。
自由に使うことができますし、複数枚を注文するのも簡単になっていますから、会社などで購入してみるのもいいかもしれないです。

オリジナルハンカチに飽きたらリメイクがおすすめ

オリジナルハンカチを製作して気に入って使っていても、古くなったり飽きてしまうこともあります。
四隅がほころびてしまったり穴が開いてしまうこともあるかもしれません。
そうした場合にはリメイクをすれば、もう一度新鮮な気分で使うことが出来ます。
ハンカチを複数枚ミシン縫いすればスカーフマフラーになりますし、端を結べば布ベルトのアレンジで使えるのでお勧めです。
二枚のハンカチの中に綿をサンドイッチして一周縫えばミニクッションになり、パソコンを使用する時のマウスクッションとして便利で疲れにくくなります。
アイデア次第でこうして様々な活用方法があるのです。
作り変えなくても染料を買ってきて染め直せば、後染め風のお洒落なファブリックになります。
古着屋さんなどでこうした布は売られており、アート風にインテリアにしたりバンダナにして楽しむことが出来るのです。
パッチワークの素材にしても面白いですし、ぬいぐるみの服を作るなどDIY素材では大活躍してくれます。

オリジナルハンカチはティッシュカバーに応用可能

どこのご家庭でも、学校や商業施設・会社などの名前が記載されているアイテムをお持ちでしょう。
イベントや展示会に足を運べば、必ずと言って良いほど配布をさえています。
これはノベルティーアイテムというもので、一種のPRグッズです。
昨今ではオリジナルハンカチの需要が高く、たくさん自宅の保管をしているという方も少なくありません。
あまり良い素材でないため、顔を拭いたり入浴時に使えないというケースも目立ちます。
そこでここでは、オリジナルハンカチを賢く利用するコツをご紹介しましょう。
ハンカチは自在に縫製をすることができるので、ティッシュカバーを作ることも可能です。
ボックスティッシュのサイズを先に測定して、その大きさにハンカチをカットします。
箱を包み込むように筒状に縫製をして内部に収納をしたら、見栄えのいいティッシュカバーとなるわけです。
いろんなカラーとロゴがプリントされており、個性的なカバーとなるものです。

部活やスポーツチーム応援ぴったりのオリジナルハンカチ

現在プリントショップで簡単にオリジナルのTシャツやバンダナがオーダー可能であり、バンダナより小ぶりなハンカチを扱っているお店もあります。
企業のノベルティや記念グッズとしてだけではなく、例えば部活動で使うオリジナルのアイテムをオーダーすることも可能です。
Tシャツなどは練習着だけではなく、チームカラーでシンボルマークを入れればチア用のユニフォームにもなります。
ハンカチも同じでチームカラーを選べば、スタンドで応援する時に振ってアピールしたり、頭上に掲げて大きな旗のように使うことも出来るので便利です。
チームワークの象徴にもなりますし、部活動の青春の思い出グッズにもなります。
現在はプリントの品質が上がり、印刷機が小型になったために街のショップでもクオリティの高い印刷が可能になりました。
大量発注しなくてもお手頃な価格でオーダー出来るセミオーダー方式や、簡単なデザインプランの作成を込みにしても安価に発注出来る魅力があります。